神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

嘘は強がるためのもの@神崎 遥

こんにちは、ソウルメイトの松乃からバトンを受け取りました、映像と衣装を担当しています神崎 遥です。
えっ、「ソウルメイトってどういうこと」? ふふ、それはわたしたちの前前前世、14世紀に遡りま…

…あ、はい、もちろん嘘です。ファンタジーとか大好きなので現実ならもっと嬉しいのですが…
ところで現世と来世のインターバルっていったい何年くらい空くんでしょうかね、若干気になります。


ちなみに! 先日の稽古中、秋公演準備期間に誕生日を迎える方々の
サプライズパーティーが開かれていましたが(おめでとうございます!!!)
わたしの誕生日、実は12月24日のクリスマスイブなんです!こんな場で言うと嘘っぽく聞こえますが嘘じゃないです!!
インパクトがあるのと特別感が出やすい(?)のでなんだかんだ気に入っている誕生日だったりします。


さてさてまずは作り話のターン! なんだか楽しそうな企画ですが意外と難しいですね…。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…


声のするほうを振り返ると、そこにいたのは綺麗な長髪と青い目を持った、
でも黒いジャケットについたポケットに手を突っ込んだ姿が少しけだるげそうな少女だった。…少、女?
どう考えてもその幼い容姿はこんな酒場には似合わない、どうして──

「おいお前ら聞いたか、夢十夜バトルロワイアルだってよ」
透き通る声からは想像できないような強い口調。
「どっから来たのか知らねえが、そんなあたしらも忘れたような遊びを今頃になって言い出してくるなんて
あんたらおもしれえな、気に入ったよ」
「えっ」
「お前らも最近いっつもここに溜まって酒飲んでるだけじゃねえか、せっかく新しい客が来てくれたのに
喧嘩で迎えるなんてよくも失礼なことをしてくれたなぁ」
「いや、俺たちのことはそんな失礼なんて…」
僕はそもそも夢十夜バトルロワイアルなんて知らない、知らないしどうでもいいしこんなところから早く帰りたいんだ、でも…

「久々の夢十夜バトルロワイアル、一緒に戦ってみるのもアリなんじゃねえか?」
少女がにやりと笑って、僕は全く願ってもいない言葉を、しんとした酒場に放った。


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

突如現れた謎の美少女! 美少女はいいぞ!
儚げで消えてしまいそうな美少女ももちろんかわいいですが強そうな美少女も素晴らしいですね。美少女は正義。


さてさて、嘘が冒頭のしょうもないものひとつだけだと少し寂しいので
わたしの誕生日にまつわる嘘をひとつお話しようかと思います。


誕生日が12月だと「ケーキとかプレゼントとか一緒にされない?」とよく心配されますが
わたしの両親はとても優しく、プレゼントは毎年ふたつ用意されていました。ありがたや…

じゃあケーキも24日と25日でふたつ? 
…いいえ、実は小さいころ、わたしの家ではクリスマスの時期にケーキを買っていませんでした。
理由は簡単、わたしが「ケーキは嫌い」だと言っていたからです。

そう、これが小さいころのわたしがついた、自分の中ではかなり大きな嘘でした。
もちろん今でもわたしはケーキが大好きです。
それでもこんな嘘をついたのは、できるだけ親に迷惑をかけたくない、という気持ちからだったのだと思います。

わたしの母は生粋の大阪人だからなのかとてもお金に厳しく、
「しょうもないものを買ってお金を無駄遣いするんじゃない」といつも言われてわたしは育ちました。
祖母がよくわたしにいろいろなものを買い与えてくれたのですが、そのたびに
怒られるとまではいかなくても嫌な顔をされたことをよく覚えています。

今ならそれが「うちにお金がないから」ではなく
「お金の大切さを教えるため、無駄遣い癖をつけないため」だということがわかりますが
小さいころは「お金がないからできるだけ出費は減らさないと家に迷惑がかかる」と本気で信じていました。

ほら、クリスマスや誕生日用に売られるホールケーキって大きいじゃないですか、
幼いころのわたしはあれがとっても高級品でぜいたくなものだと思っていました。
だからわたしは大きなケーキを買おうとする親に「ケーキ嫌いだから買わなくていいよ」と嘘をついて
家計を守ろうとしていたのだと思います。

…なんだか思い出すと泣けてきましたね、わたし小さいときはこんないい子だったんですね…(美化される思い出)
ちなみに中学生か高校生ぐらいのときに「実はそんな嫌いでもないからケーキ買って」と正直に言って以来
家族の予定が合う年はケーキを買ってみんなで食べています。
変に我慢するより正直に生きるほうがみんな幸せになれるんだなあ、と思いました。
でも嘘をついていた本当の理由はまだ言えていません。
20歳の誕生日を記念して今年言ってしまうか、結婚式のときにするか、ずっと秘密にしておくかはまだ迷い中です。

あっ「結婚式のとき」と書きましたが、わたし実は今までずっと彼氏できたことないです。はい。
20歳の誕生日くらい一緒に祝ってくれる彼氏がほしかったなあ、と若干思わなくもない11月の終わり…
あ、今言ったことは嘘ですよ、これはほんとに嘘ですからね!!!!!


突然ガチガチに重いブログを投下してしまい申し訳ない気持ちを抱きながら
音響のナスヲくんにバトンを回したいと思います。
噂通り彼は優しいジェントルマンなのでさぞかしモテるのだろうなと思います。煽ってなんてないです。


公演初日までついに一週間を切りましたね! メンバー一同最後までがんばるので
ぜひぜひ観に来てくださいね! 予約特典もあるよ!!

ではでは、神崎遥でしたー!
  1. 2016/11/28(月) 19:19:00|
  2. 約三十の嘘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ナスヲ | ホーム | クラゲ食べたい@唄種いずみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3667-bc020c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する