神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

うちの地域はプラゴミの回収が遅い@ばらぞの


ご無沙汰しております、ばらぞのです。そういえばウニヨーヨー僕も持っていた記憶がありますね、実家の近所の喫茶店のマスター(いつも妖怪の顔したボールとか変なおもちゃをくれる。)に小さいころもらった気がします。
僕は青いやつでひもの部分が特に好きでした。ちなみに妖怪の顔をしたボールは当時本当に怖くておもちゃ箱の奥に押し込んで以来いまだに消息不明です。むちゃくちゃリアルなフランケンシュタイン(ゾンビかも)でもらった瞬間半泣きで子供ながらにいらないとも言えず、持って帰った矢先に兄に投げつけられ泣きながら封印したところまでは覚えてます。
Products-317-1.jpg

さてさて今回は夏の思い出ですが・・・。
「日本ではありえないほどにじりじりと照り付ける太陽。あたりに漂う砂埃と硝煙の臭い。墜落したヘリの残骸から転がりだしたもはやだれの物かも分からなくなったドッグタグ。いつの間にか一人になっていた塹壕の中で俺は最後の一発を残し・・・」
いや、この話はやめておこう。

夏の思い出と言えば高校時代の部活の合宿でしょうか。毎年だいたいお盆の時期真っ盛りにやっていた気がします。
夏合宿は毎年盛大に長野県の白馬村で一週間程度催す部活でしたから、僕の夏と言えばまぁだいたいそこに尽きていました。
毎朝六時に起きてランニング、体操そして食事。そして夕方まで練習で夜は時々花火をしたりバーベキューしたりだいたい夏にやりそうなことは詰め込んだみたいな合宿でした。
一応部内で試合もやっていて(ちゃんとメダルと商品もある)最終日前日に個人戦、最終日に団体戦、学年無差別トーナメントみたいなこともやっていました。とても懐かしい、この間ぐうぜん部内戦のメダルを見つけてまた夏が来るんだなあとノスタルジーになってました。夏はノスタルジックになりがちです。

そんなところがあるの!?と驚かれがちですが毎年アーチェリー場を所有してるペンションを貸切ってやっていました。意外と長野県にはそういうところが多くて(バブル位に流行ったらしい)夏はスキーのオフシーズンだからそっち方面で貸してるそうです。
そのペンションには部員が「さきちゃん」と呼ぶオーナーの娘さんがいて馬鹿な男子高校生だった僕らは少し話しただけで大盛り上がりでそれも男子高校生らしい夏の風物詩でした。(今思えばいい迷惑ですが)
そういえばそのペンションも今はもう閉鎖してるみたいです。僕らが高1かそれくらいの秋に、やんごとなき事情があるとかで親子ともどもどこかに引っ越してしまったみたいです。その翌年は近くのペンションに宿泊したのですが(アーチェリー場は地元の管理者?に使わせてもらえた)まだペンションのフロントとかに残る人の息遣いとか、生々しさが残っていて怖かった記憶があります。
何もオチとかはないですがこんなもんですかね。

さて、一回生は新人公演の稽古の真っ盛りです。各々伝えたいことがあるようでなかなかに悪戦苦闘したり考え込んだり、意見を取り入れようとしたりがんばって稽古している姿を見ます。休日の昼日中の太陽が照り付けるベランダとかを見ていたりすると自分たちの新人公演「ラジオドッグ」の感触が眩しさとともによみがえってきます。一年前自分は確かにここで先輩たちと稽古していたんだなとどうしても感慨深くなってしまいます。きっといい公演になると思います。ぜひいらしてください。

長くなりましたが次は音響のこえみーです。彼女の曲のセンスはなんか好きです。いい音響をしてくれると思います。
それではまた、ごきげんよう。


  1. 2016/07/08(金) 02:36:31|
  2. グッド・バイ-或いは夏と石炭-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あつはなついけど朝すずしい@星詠紫帆 | ホーム | ドッグ・バイ@ヨーコ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3639-988152e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する