神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

深呼吸@都呂路あすか

ごきげんよう、都呂路あすかです。
できたやつだなんて言われちゃった、えへへ。
本当はだめだめなところばかりだけれど出会いに恵まれているなあとおもう今日この頃です。
今回の「キャベツの類」では役者をしてるよ!
やったことないような役をのびのびとやらせてもらって楽しく演じております。

2ヶ月間、一本の軸を見据えてぶれずに緻密に作り上げてきたようにおもうので、きっと見応えあるはずだと自負してる。
肩の力を抜いて頭を柔らかくして観てほしい。
そして、理不尽で唐突なやりとりを観て自分の中にある感情がふっと湧いてくるその体験を楽しんでいただけたら成功な作品かなとおもう。
ぜひお客さんと一緒に息をしたいです。
各部署、派手でなくとも細かいところにこだわっているので、細部にまで注目してもらえると幸い。
以上、わたしなりの、見どころ。


今回のブログテーマは「1年生のころの思い出」
入学当初は山の上にあるキャンパスから見下ろす景色にいちいち感動していたなあと覚えています。

『海見えるなんて素敵やなあ』
『あの光ってるのなんやろ』
『電車が動いてるの見るのたのしいなあ』
『この景色に何人の暮らしが詰まってるんやろう』

いまではすっかり当たり前になってしまい、また、なぜか年を追うごとに忙しくなっていて、
なかなか景色をぼーっと眺める余裕がないし、たくさん見える窓の向こうの暮らしに思いを馳せることも少なくなりました。
そんな目まぐるしい毎日の中でも、ひとりでキャンパス付近を歩いているときにふっと目に入ると、なんだか気持ちが明るくなる。
わたしは神戸大学生なのに神戸で遊んだことが全然なくって、2年と少し通ってもまだ神戸という街が自分のものになった気がしない。
でも、この見下ろす神戸の景色だけは、間違いなくわたしのもの。

これから少なくとも4年間神戸で過ごす新入生にはぜひこの街と景色を自分のものにしてほしいし、他の地域からはちの巣座を観に来てくださる方にもせっかく神戸大学に来たなら一度見下ろしてほしいです。


以上、阪急電車に揺られながら。
阪急神戸線もわたしの大学生活のひとつの大切な日常かもしれないなあ。

次はこれまでなにかと濃く共演してきた、倉田飴子よろしく。
わたしは君の演技がすきです。
  1. 2016/04/26(火) 15:17:56|
  2. キャベツの類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<勢いで書いたよ、恥ずかしい@一二三 | ホーム | ストーカーから始まる何か@あけがみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3626-f2bceb30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する