神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

シュークリームの類@円井ぼをろ


初めまして、はたまたお久しぶりです。この春から絶望の三回生、円井ぼをろです。今回の新歓公演では宣伝美術を担当しております。

今回のブログテーマは一回生の頃の思い出を語れとのことですが、あーなんか芝居ばっかしてたなアという印象です。

そこで一回生の頃に自分が公演でやった役とかスタッフを振り返ったら心慰みになるんじゃないかしら。

はちの巣座の部内公演で、私が初めてもらった役はみるくちゃんという頭軽い感じのツインテールの女子中学生役でした。5つくらいの台詞を馬鹿みたいに何度も何度も練習した記憶があります。お芝居するのなんて初めてだったから何もわからんくて色々試してみてたな。今の私の稽古スタイルの原点はたぶんここ。

その次の新人公演では、彼女持ちで結婚を直前に控えた同級生?との間に、うっかり子どもができちゃった妊婦の役でした。能天気な同級生とその恋人に終始イライラしてる、みたいな役だった。そして最後には死ぬ。今、もう一度やってみたい役第1位です。本番前にドーラン(舞台用の化粧品)にかぶれて顔が原型を忘れるほど腫れて変形して心がしんだことも、今となっては良い語り草ですね。

秋公演では初めてスタッフに回って宣伝美術をしました。今でこそ少しは宣美の勝手が分かってきたものの当時はパソコンが弱くて大変だった。パソコンは今も弱いけど。

その後、先輩の企画公演に参加させてもらって、情緒不安定なニート女の役をやりました。シェービングクリームで作ったシュークリームを、ブチ切れてぶん投げるというシーンを未だによく思い出します。舞台じゅうにシェービングクリームの爽やかな匂いが立ち込めていたっけ。舞台上に水槽があって本物の熱帯魚が泳いでいるという素敵な芝居でした。


あれもこれも懐かしいなあ。今年はどれくらいの新入生がはちの巣座に入ってくれるんだろう。今から楽しみです。

新歓公演「キャベツの類」は不条理劇。新歓公演でコレやるんかい、という感じですが、まあ、新歓公演だからこそということで。身構えずに見てほしい芝居。不思議な世界観で一歩突き放されているのに、妙な共感のもとに笑っちゃったり、哀しくなったり。人と人の間の距離感というか雰囲気というか、リアルな気配が客席まで伝わってくるような。そんな芝居になったら成功なのかなあ。どうなのかなあ。皆様客席で実感してください。シアター300にてお待ちしております。



では次、最近とうとうバイトを辞めてせいせいしている水波真黒くんお願いします。
  1. 2016/04/03(日) 23:51:10|
  2. キャベツの類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇的!びふぉーあふたー@水波真黒 | ホーム | やわらか@きゃわだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3606-c006f74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する