神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

この夏、歴史を刻め@藤井純香

こんにちは。かすみんこと藤井純香です。

ブログのテーマは「この夏、私は○○をする」ですね。
この夏やりたいことはたくさんあります。一人ロープウェイ&クルージング計画、友人との素麺限界計画、中部地方おなじみのナガシマプール計画等々・・・水面下では様々なプロジェクトが動きつつあります。
しかし、あえてここでは、「この夏、私は司馬遼太郎を読みふける」と抱負を掲げたいと思います!

なぜ、司馬遼太郎・・・?
私は高校時代もずっと世界史選択でしたし、中学時代からマリーアントワネット≒私という図式がまかり通る女でした。
そこには、ある一人の人物が深くかかわっているのです。今回はその人物についての私の熱い回想を一つ。

その人物とは、ほかでもないT先生です。
表向きは一介の高校の倫理教師にすぎない彼ですが、裏では彼の脳はインターネットにつながれているという噂がまことしやかにささやかれていました。
とにかく知識が沼のように深く泉のように無限なのです。そして滝のような授業でのマシンガントークと、醸し出すうず潮のようなカオスな世界・・・これはもう授業前に浮き足立ってしまったり、わけもなく微笑みが止まらなかったりしても仕方ありませんよね。

一度先生に一番好きな歴史上の人物について尋ねたことがありました。先生は、「そうですねぇー」というと1分ほど教卓回りを水槽の中のマグロのようにうろうろし、誰も知らないような人物の名前をあげました。先生の瞳は教室でなく、宙に浮かぶ凄まじい量の年表をおっていました。あのちらりとみえた先生が見ている世界の片鱗を、私は未来永劫ずっと忘れないでしょう・・・その歴史上の人物が誰だったかは忘れちゃったけど。

その先生が「私にとってのテオリア的生活とは、縁側で柿ピーをつまみながら司馬遼太郎を読むことだ」と言っているのです。これはもう読むしかないでしょう!

また、夏休みは帰省する人も多いので、懐かしの友達に会えるのも楽しみですね!
高校の文化祭などでも、クラスメートや後輩や懐かしの先生にあえたり・・・ふっふ
いやあ、夏っていいもんですね。

それでは、次は福井が生んだ我らがお色気姐さん、きゃわだお願いします!
  1. 2015/07/26(日) 22:32:23|
  2. ラジオドッグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再会を夢見て、夏。@庵 | ホーム | この夏、僕は就活した@山恭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3527-572ccc5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する