神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

リアルの魅力@遠藤真森

おはようございます。まだ寝ていませんが。遠藤真森です。
僕に似ている人がいるという話はたまに聞くのですが、実際に自分で見て似てると思った人はこれまでいないので、写真か何かがあれば見てみたいです。

バトンのお題は「好きな作品」ですね。
最近、本をあまり読めていないし、テレビも親に占有されていて映像作品もあまり観れていません。
何について書くか迷いましたが、浪人時代(2012年)の秋から冬にかけて観ていたドラマ「ゴーイング マイ ホーム」について書こうと思います。

「ゴーイング マイ ホーム」
監督は是枝祐和監督で、主な出演者は阿部寛、山口智子、宮崎あおい、西田敏行などです。
他にも印象的な役者が多く出演されていました。

あらすじ(Wikipediaから引用)
冴えないサラリーマンが、疎遠だった父が倒れたのをきっかけに故郷の長野に帰る。
そこで彼は父が伝説の小さな生き物“クーナ”を探していたことを知る。当初は“クーナ”の存在に疑問を持っていた彼であったが、地元の人々と触れ合ううちに彼の心にも変化が起きる。
E382B4E383BCE382A4E383B3E382B0E3839EE382A4E3839BE383BCE383A020E383ACE383BCE38399E383AB.jpg


僕が初めて監督を意識したのがこの作品でした。
是枝監督の作品は、ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」と映画「そして父になる」しか観ていませんが、どちらも非常にリアルな生活感を感じさせ、心地よくなるような雰囲気に包まれた生活の中に、人の心の棘が見え隠れするような作品です。
それまでに観た他のドラマとは性質が異なると思い、雰囲気や映像への監督のこだわりが強く感じられました。
出演者も好きな人が多かったですね。メイン以外の出演者で印象に残ってるのは夏八木勲、安田顕、新井浩文、阿部サダヲ、バカリズム、加瀬亮などです。役者自ら出演したいと言って出ていた人もいるようで、確かに是枝監督の作品にはそんな魅力があると思います。

浪人中で心が荒んでいたから特にそうだったのかもしれませんが、観ていて穏やかな気分になる作品です。
刺激の強い作品も楽しめますが、元来、こういう落ち着いた雰囲気の方が自分には合っているような気がします。

今年の6月に是枝監督により実写化された、漫画「海街diary」の映画が公開されるようです。キャストもこれまた豪華なようです。
興味のある方、または興味が沸いた方は観に行ってみてはどうでしょうか。

バトンは写真を毎日のようにブログにあげてくれる有田さんに回します。まだバトンは回ってなかったよね?

失礼します。
  1. 2015/03/28(土) 03:05:58|
  2. ザ・シェルター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログバトンです@有田 | ホーム | 日々苦笑い@李>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3463-35a53547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する