神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

エグい話もよいですが。@二代目天上院夜半

大変だと聞いていましたが血色はよかったので次のブロガーは山恭さんにします。


こんにちは。
二代目 天上院夜半です!

前代の天上院 亮から天上院の姓を貰い受けたした。
この度は、役者ではなく舞台装置として、役者の立つ舞台を色々と考えております。
舞台装置は今までの公演でも度々携わっていたものの、中心となって動くのは今回がはじめてです。
僕にバトンを回してくれた水波真黒さんも以前、舞台装置の中心となって動いていたのですが、彼をみていてもとても大変そうでした。
自分には出来るのだろうかと不安でしたが、ちょっと大きな仕事しとかないと、これから入ってくる後輩に先輩風吹かせられないので、今のうちにやっておこうと思い志願しました。

きっと辛いだろうと思っていましたが、いろんなことを考えているうちに楽しくなり、しかも僕は現場監督と名を打って肉体労働を華麗に避けながらここまでやってきているので、いい感じです。
お手伝いしてくださっている皆様には感謝しきれません。ありがとうございます。


僕は好きなモノがコロコロ変わって、影響されやすい体質のせいかハマってるものがあるとそのことばかり口にしています。
周りの人には、知りもしないことを延々と語られるという地獄を見せていることを日々反省しつつ、あいつらなら別にええやろと思って懲りずに周りの人を犠牲に自分を解放して楽しんでいます。

みんな舞台作品などの素敵なテーマを取り上げていますね。思い入れの深いものばかりのようです。
好きなものがコロコロ変わる浮気者の僕にも昔から愛してやまない作品があります。
それは、三浦綾子さんの「氷点」という小説です。

僕が感じたい感情、見てみたい人間の心がそこに全て詰まっています。
中学、高校、大学、自分が新しい社会に入っていくとき、それをゆっくりと読み返しています。今もその途中です。
受けとめ方が個人によって大分違ってくると思うので、詳しい話は省きます。
まだこの作品を読んだことのあるという人に出会ったことがないのですが、自分の感じた感情を誰かと語るのが苦手な人間なもので、それも幸いなのかもしれません。


語り得ぬことには沈黙、という言葉が好きです。
具体的な何かに表せなくても、それを黙ってしっかり味わうことを僕は良しとしています。
蟹を食べるようなものです。上等なものは味わうことが難しくて、集中してしまいます。
今でも、気になっているものの手の出せていない作品も多々あるので、またゆっくりと読み、噛み締めたいと思っています。

ほな。
  1. 2015/03/18(水) 22:39:37|
  2. ザ・シェルター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新歓公演で逢いましょう@山恭 | ホーム | 春ですねぇ@水波真黒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3445-8cf96bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する