神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

四十路の顔が怖い@三角ぼをろ



おはようございます。
レストランとかで指パッチンしたら料理が出てくるっていうアレをやってみたい。三角ぼをろです。
まず指が鳴らない。
今回の公演では、尾我林とともに宣伝美術をやらせてもらってます。


前にブログを書いたときは蝉の話をしてたのに、すっかり外の空気が冷えてきた今日このごろ。
私は寒くなると友人といても「寒い、寒い」ばかり繰り返すようになります。ボキャブラリーも凍ってしまうんでしょうか。
あったかい部屋で鍋などつつけば、真冬のおしゃべりも満開に花が咲くこと、うけあいです。


スタッフのブログテーマは「20年後の自分」だそうな。
20年後、40歳。40という年齢に対して胸に浮かびくるのは、怖れと、憧れと。


前者は素直に、老けることへの怖れですね。
近所のがきんちょにオバちゃん呼ばわりされ始める恐怖たるや。やがて目尻に刻まれるであろう、隠しがたき深い畝、想像するだけで暗澹たる思いがします。


ひるがえって40という歳は私の中で、人生のエキスがいちばん濃厚に分泌される時期、とでも言ったような、なんだかうっとりさせる響きを持っておるのです。


私の知っている40歳前後の人たちの顔というのは、その人のそれまでの生き様(というとかなりワイルドに聞こえますが、何が好きかとか、どんな人と一緒に過ごしてきたか、と言ったようなこと)を如実に映し出している、ことが多い気がする。


(でもところで、人生っていうワードは、どうもこう、格言めいたイカツイ貫禄があって、私が生まれてからこれまで息をしたりごはん食べたりぼーっとして過ごしてきた時間と空間は「人生」と呼ぶにはあまりにつたないし、吹けば飛ぶようなちゃちなものだなぁ。だれが吹くのか知らないけども)


とにかく、私の40歳は、これまで自分がのらくら過ごしてきた時間と空間とを、いいかんじに熟成させて、いっそ発酵させて(発酵食品はおしなべて、クセはあるが私の好みの味がする。チーズ、納豆、おしんこ、ナタ・デ・ココ…)、こう、「美味しい」雰囲気の人間になっていたらいい。

つまり40くらいになったら私もさすがに、自分のからだとこころについて、もっと手ごたえを感じられ(現在の私にとって、私のからだも心も不可解きわまりない)、のびのびと「私であること」を楽しめるのようになっているのではないかと。自分を楽しめる人間は「美味しい人間」だと思います。


いま私の居る場所も、私が「美味しく」なるための言うなればヌカ床であるのだな、という思いがときどき降って湧いてきます。
ここで吸っている空気、見ている景色が、ウン十年後の私の血となって血管を流れ肉となって動くのだと思って神妙な気持ちになったり。(そういうときは大体お腹が減っている。)
40の自分も、40女にふさわしき心地よいヌカ床を見つけてくれていたらと思います。


(そうなっていれば、たぶんオバちゃん呼ばわりも目尻の皺も、ちいとも怖くないのだ。たぶん。)



さて、スタッフブログは最後の一人(だれも忘れてないよね)、一ニ三に回ります。ギリギリになってごめんなさい。
新人公演の役者ブログも彼女がトリだった気がする。今公演ではみんなを癒す、おちゃめな舞台監督をつとめてくれました。お疲れさまです。最後までがんばろうね。


では、一ニ三にバトンパス。
  1. 2014/11/19(水) 10:16:39|
  2. 親の顔が見たい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<後二日@ponce | ホーム | きょうはゲネ@栗原ゆず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3372-fe9c76a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する