神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

日々の生き方@雪見乃

こんばんは、雪見乃です
秋公演が動き出しております。わあ
ということで公演ブログ恒例のブログdeバトンリレー、今回もキャストとスタッフで違うバトンを回すことになりました。
私はキャストバトンのトップバッター。




ということで、ぬるっとスタートを切ります





キャストのブログテーマは「中学生のころの自慢話」





。。。。。。。ざんねんながら、ないです
というか中学生のころの記憶がないんですよねー
あ、もちろん全くないというわけではないですよ
まあなんと申しましょうか、ぬるぬる周りに流されるままな生活の記憶ってあまり残らないじゃないですか
自分の意思がないというか、みんなこうしてるから私もこうしようとか
明確な意思を持たずに生活をしていた、そんな感じです。
バドミントン部だったのですが、練習はきついし先輩はめんどくさいし後輩とも仲良くないし
同じ学年の子も半分くらいは苦手なタイプだし。
それでも仲良かった友達がなんだかんだで続けていたので
私も文句言いながら大して好きでもなかったバドをぬるぬる練習し続けていました。
ちなみにその仲の良かった友達とは今も割と仲がよいので悪い思い出化現象は起きてないです
けど、もっと有意義な過ごし方があったのだろうになあ


文章を書いていたら本当にぬるぬるした感じになってきて気持ちが悪いので、
強いて挙げるなら、な自慢話を書く方針に変えます


自慢といえば私の中学がヤンキー校で、その中を何とか生き抜けたということですかね。
ヤンキーってすごいですよね。
もしかしたら私の学校よりもヤンキーヤンキーしていたところに通っていた方がいるかもですが、
私の中学のヤンキーは教室にソファーを持ち込んで授業中にふんぞり返って一人でマンガを読んでいたり、
自転車の持ち手を大幅に変形させてベルを鳴らしながら廊下を走り回ったり、
教室の時計を新しくするたびに壊して教室に時計という存在を消してしまったりしていました。
傘が無くなるのは当たり前。むしろ折られて無残な姿と化していたり。
授業中立ち歩くのも当たり前。目立ってなんぼのこの世界。

私はできるだけその世界から遠くにいてたのでほとんど被害は受けませんでしたが、
遠巻きから見ていてもぬるぬる生きていたなりには怖かった気がしますね。
同窓会がタノシミダナー

そんなこんなで午前1時。そろそろ眠くなってきた気がするので遠藤真森くんにバトンパスをして寝ようと思います。


明後日通しだー
がんばります
  1. 2014/10/10(金) 01:23:22|
  2. 親の顔が見たい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぷー@遠藤真森 | ホーム | 秋公演動き出し!@かほり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hachikko.blog31.fc2.com/tb.php/3341-1b31ac93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する