FC2ブログ

神戸大学演劇研究会 はちの巣座 稽古日誌~Bee Happy~

神戸大学演劇研究会はちの巣座のブログ。レッスンデイズ、部員の毎日、など。

飲みました。byまこっつ

飲み会日誌 06/11/27 (Mon)

 25日、26日と2日連続で飲みました。愚か者と呼ばれてもへこたれません。まこっつです。
そのときの記録を少々。

 25日は練習後ひどくハングリーだったので、直接家には帰らず阪急六甲まで下りました。
そこで偶然にも、初めてお会いする8回生の先輩を筆頭に、たくさんの先輩方にお会いしました。
そして、8、7、6、5、4、2、1回生が各1~2名集って、◎六甲店で楽しく飲み会を致しました。先輩方は素敵で憧れます。惚れます。
ありがとうございました。
 翌26日はソレカン飲み会でした。他劇団の方々と交流しました。観劇に行ったときに見た方もいらしたのですが、舞台上とは違う面白さをもった方々でした。卒業公演の宣伝も出来ました。たくさんの宣伝も受けました。行けるものには行きたいです。ってか行きます。

 公演期間中なのでどちらもあんまり飲みませんでした。自制心。そうでなくてもあんまり飲めないんですがね。
以上です。もう体内にアルコールは(顕著には)残っていません。今日も1日頑張っていきまーす!あちょー!
  1. 2006/11/27(月) 12:42:28|
  2. オフ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

六甲寄席に行きました。 鳥山トリスケ。

 最近どんどん水道水が冷たくておいしくなってきました。もう麦茶とか作る必要ないね!!
 
 はい。練習に出ないで寄席観に行ってすみません。今日(昨日)終わりの会行かなくてごめんなさい。特設ブログあるのにこっちに書き込んで申し訳ない。謝ること謝ったので寄席の感想をば。
 
 神戸大学落語研究会。神戸大学で唯一公認されている落語グループ。大学内で寄席をしているのはよく観に行っていたけど、学外で観るのは初めて。はちがオリエンタルでやる!みたいな、客層も違うぞ!つう、楽しい落語会。
 
 客が面白い。マナーが悪いって言うかそういうのを超えてくる。オチを先に言ったり、大喜利で、「今のあんまり面白くないね」とかを前後3列に聞こえるくらいの声でしゃべったり。つうか客しゃべりすぎ。うるさい。

 本題、落語やけど、飛俺さんがすげー良かった。台本は、普通の話、つうか、ひねり0で、笑いを目的にはしていない話で、俺も笑いはしなかったんだけど、でも飛俺さんは面白かった。離婚していた夫婦の仲を子が取り持つ、つう話で、三役を(もちろん)一人でやる訳だが、声、顔の表情が生っぽくて、とても感情移入しやすかった。座ってやる一人芝居やんな、あれ。役の演じ分け、間、表情が、純粋に楽しい。たけぼうさんもべた褒めしてました。

 で、最後に41代会長、甲家煩知さん。落語研究会、はちより全然歴史あるなー。で、やっぱりこの人凄い。引き込まれる引き込まれる。最後で集中切れてるはずなのに客しゃべらないし。動きと表情、意味以上の情報量。声無しでも面白いんじゃねえかっつうぐらいの。で、俺の客としてのレベルじゃ粗が見つからない安定感。来年の新歓寄席、煩知さんだけでも観に行こうかな。

 水道水、ぬるくなると塩素っぽくて嫌。冷たいうちに完飲すべき。(「かんいん」で変換したら最初に「姦淫」が出てきて凹む)
  1. 2006/11/26(日) 03:31:51|
  2. オフ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

反省会も終わりました。 鳥山トリスケ。

 なんか、えじゃきんぐの(投稿)のコメントにしてもよかったんだが、テンション違うし、ほんまにどうでもいいし、で、新しい記事。
 
 反省会、結構好きです。みんな集まって会議なんか、普段しないから。
 
 継続して通っているワークショップの影響もあって、話している時の身体とか、話そうとする意識とかに、最近、興味がある。普段の駄弁りと違って、みんな頭を使って話してるから、体とか、口調とか、表情とか、とても活き活きしてて見入ってしまった。
 
 あ、もちろん、話はちゃんと聞いて、反省するところは反省しています。反省しつつ、ね。
 
 言語化されていない「もやもや」を、ゆっくり言葉にしながらしゃべる人。「もやもや」のまま、言葉が足りない状態でしゃべる人。他の人の言葉を引用して、それを土台にしゃべる人。適当にしゃべり始めて、その自分の言葉を土台にしゃべる人。
 
 方法も色々だし、しゃべり方、目線とかも色々だった(まあ、表情は向かいの人たちしか見てないけど)。たどたどしいけど、表現力あるから楽しいよな、って。学部の友達には、言葉と言葉の間にああいうものを置けない。ノイズ?みたいな、感情から身体に現れる化合物。
 
 で、だっしゅの反省は内容も心にぐさっと残る考えさせられた話だった(今まで目を逸らしていたところだったかも)けど、それよりパフォーマンスとして楽しめた。よくすらすらああいった事を言えるよな、って。終わってから、どうしてああ話せるのか聞いたら、「話すことを、内容ではなく言葉で考えておく」との答えが。
 
 内容を頭で考えるだけだと、「もやもや」が残りやすいけど、いくつかの(耳触りの良い)言葉を用意しておけば、話す段で、詰まりやノイズなど起こさず話し続けられるらしい。

 まあ、話したいことが伝われば、別にどもりながらしゃべっててもいいと思ってはいる。ノイズ好きだし。ただ、一回位、言いたいことをスマートにみんなの聞き易い言葉でしゃべりたいなーとも思う。つうか、「ノイズだらけでしゃべって」って頼んでも、軽くこなしそうで怖いなー、だっしゅ。

 さて、公演に来てくださったお客様。本当にありがとうございました。
  1. 2006/11/20(月) 04:01:19|
  2. うちに来るって本気ですか?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

はちの巣座

Author:はちの巣座
神戸大学演劇研究会はちの巣座と申します。稽古したり、公演うったり、さぼったり、遊んだり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する